2007/8/4

8月 10th, 2008 by admin

映画「学校4」を見たときから一度は屋久島に行ってみたいと思うようになった。
北海道ツーリングから4年が経った今、ついに壮大な自然と出会える日が来た。
新たな旅が今始まる。

バイクにテントや寝袋などを積み、実家を後にする。
今回は事前に頑張って働いた甲斐があり、この旅のためにテントや防水デジカメを買うことができた。
タイヤも交換して真っ新だ。大丈夫だ。
バイクのメータ 57,140km。大丈夫だ、(きっと)まだ走れる。。。

走り出して1時間、篠山あたりで旅の始まりに相応しい道に出会う。


まっすぐな道。
その先には向こう側の見えない上り坂。
あの先はどうなっているんだろう?
何が俺を待っているんだろう?
期待が胸をよぎる。わくわくする。
坂を上りきって現実を見る(笑) 垂水まではほとんど信号なしで快走。
道中、道の駅みきで休憩し、黒豆アイス200円とみき山マロン270円を食す。

黒豆アイスは丹波篠山黒大豆を使用しているらしいが、いわゆるあずきバーとの違いが分からず。
みき山マロンは何かで最優秀賞を受賞したマロンパイらしい。
中にでっかい栗一粒とマロン餡が入っていて旨く、少し高いが値段相応な感じ。 淡路島に入ると、島のど真ん中を走る県道157号をしばらく走行。
一部路面が荒れてはいたが、山の上を走る感じで意外に気持ちいい。
途中見つけた「あわじ花さじき」も花が綺麗に咲いており、いい休憩になった。
  
途中大粒の雨に少しやられながらも鳴門エスカヒルに到着。
展望台300円からの眺めはきれいで大鳴門橋もよく見える。
パッと見は橋の下が浅瀬になっているようだが、渦潮はこれのせいで生じているのかな?
駐車場から展望台までのエスカレータがこれまた長い。そして急勾配。
行きは良かったけど、帰りはさすがにちょっと恐いね。ちょっとだけね。
足踏み外したら死ねるなこりゃ。
  
徳島市に向かう途中でついに大粒の雨に出くわす。
これはさすがに耐えられないと思い、病院の入り口で申し訳なさそうに本格的な雨対策。
防水カバンであればどんなに楽なことか・・・まぁそこは学生。
荷物を青いゴミ袋で包み、自身はカッパを着る。
雨の中、小道に入って徳島ラーメン屋を探すも、見つけたらちょうど昼休みという悲劇。
まじでか!と思いつつ少し走れば国道沿いにそれっぽい店を発見。
ラーメン東大、非常に疑わしい店名・・・でも入る、食う、旨い(500円)。
徳島ラーメンのまずいイメージ(偏見です)が一新。
昔食ったあれは偽物か?と言わんばかりに旨い。
しかも食い終われば雨あがる。グッドタイミング。
しかし、昼食は徳島ラーメンと決めていたため、微妙な時間に食事を取ることに。
そして、ラーメンを写真に撮るの忘れた。。。

阿南のスーパーで酒のアテにイカリングと、健康を考えて野菜生活100を購入。
鷲敷青少年野外活動センターに行くも、近くにある「わじきライン林間キャンプ村」の方が安いよと紹介される。
何ていい人なんだー、と紹介されるがままキャンプ村へ行く。
キャンプ村800円の管理者もいい人で、心配だろうからとテントの真横にバイクを置かせてくれた。
薄暗い中急いでテントを設営し、近くのわじき温泉300円に閉店ギリギリで入る。
普通の銭湯だが、泡風呂は旅の疲れが癒える。
就寝前に鳴門展望台で買った阿波の地酒うまいじょ200円とイカリングを食す。
少しあっさり目だが飲みやすい。

1日目を終えた感想として北海道ツーリングのときとの違いは、俺もバイクも年をとったこと、一人旅だということ、旅を乗り切るだけの金はあること、そしてあり得んくらい暑いこと。。。
エネルギー源のチョコレートが暑い暑い、もうダメッて言ってる。
アーモンドチョコがペッチャンコになってる。
この暑さにどこまで耐えられるか。。。

Posted in 屋久島ツーリング


(comments are closed).