2007/8/7

8月 10th, 2008 by admin

ついにやってしまった、お得意の二度寝。。。
予定を1時間ほど遅れて出発。

二度寝のお陰で時計を見れば九重夢大吊橋がオープンする時間。
迷ったが、せっかくなので少し戻って見ることに。
昨日走った道を戻ろうとしたが、地図を見ながら走っていると昨日とは逆の西側に着いた。
こっちの方が駐車場とかも大きく、なんか立派な感じ。
通行料500円は少し高いが、吊橋の足下の一部が金網になっていて、遠く先に地面が見える様は迫力がある。
吊橋の横幅はちょうど両手を広げたくらいのサイズ。
吊橋からしか見えない?2つの滝も綺麗だが、遠くにあるのであまり迫力はない。
それよりも遠方に見える九重連山が最高!


  
    
(右の遠方に見える山々が最高)
県道11号に入ってすぐの、飯田高原から見える景色もまた格別。
山の側面にできた大きなくぼみで同じ雲がグルグル旋回していた。
何とも滑稽な風景。
牧の戸峠でいきなり団子150円とやらを発見!どうやら熊本名物らしい。
朝一でまだ温まってないからと電子レンジでチンされる。
あんこと栗餡?が入っていて、まあまあいける。
雄大な景色の中を走りながら城山展望所へ。
ここからの景観も素晴らしい。
あれが阿蘇山、これから走るのか!!と意気込む。


(県道11号から、合成写真)

(城山展望所から、中央左が阿蘇山、合成写真)
麓から阿蘇山に入っていく阿蘇パノラマライン(県道111号)からの景色も素晴らしく、阿蘇山への期待が膨らむ。
草千里展望台からは2つの湖を見ることができ、駐車場100円から湖の畔まで歩いていくことも可能。
馬が放牧されており、家族連れも多くてほのぼのするには最適な場所だと思った。

  

阿蘇山火口にはロープウェイでも行けるが、有料の阿蘇山公園道路100円を通ればバイクでも行ける。
ここはもちろん自分のバイクで。
阿蘇山火口は風が強く、煙でもくもくしていて、水が変な色をしていた。
そして、、、中国人の観光客がいっぱいいたのが印象的。ほんといっぱい(笑)
阿蘇山火口から下界を振り返った景色には感動!!
ここを走ることができたことに再度感動をかみ締める!

    
  
白川水源100円の水は大変透き通っており、さすが水源というだけのことはある。
近辺の店でとうふ愛す320円を買うと、サービスで豆腐2切を付けてくれた。
豆腐はしっかりしていて少し固め。味噌と醤油で食べる。
愛すは豆乳を少し薄めた感じであっさり系。

  

土産屋で何がお勧めか尋ねると、馬肉みそせんべい500円を勧められる。
私これ大好きで、ついこの前も自分用に買ったんですよ~、を信じて購入(笑)


(夜にテント内で撮影)

いい時間だったので、水源入口前のラーメン屋で昼食を取ることに。
パイクー麺700円という怪しい名に何かもわからず注文。
トンコツ風味で、肉にゼラチン質を含んでいて美味しかった。これは当たり!


ひたすら1.5車線程度の道を走り、見つけたガソリンスタンドで給油してると、店員さんが宮崎までの抜け道を教えてくれた。
それは台風の影響で今日復旧したばかりの道路で、全面通行止めの看板に不安を抱きながらも、その道を行く。
路面が悪く、道幅がとても狭く、すごい道だなぁと思いながらも頑張って走る。
途中視界の開けた場所があり、そこからの景色はなかなか良かった。



無事に抜け道を通り抜け、ひたすら走って宮崎へ。
道中になかなか立派な滝を見つけた。
そして、愛しのアーモンドチョコがペッチャンコに・・・。

  
西都原古墳群は敷地が広く、転々としている感じ。
とてもじゃないが全部見てられないので、バイクでたらたら構内を一周。


「フェニックスが並ぶシーサイドハイウェイ」という響きに惑わされて、一ツ橋道路を目指す。
道を行き過ぎて地図を見てたら、地元のおばちゃんが道を教えてくれた。
なんとか住吉ICから乗ることに成功。おばちゃんありがとう!
でも期待とは裏腹に、結構殺風景で普通の道路。
しかも高速道路ではないらしく、あまり速度を出せない。



通行料は150円と手頃だが、国道220号にもヤシの木の並木道があるので、あえて通る必要はないかも。地元のお菓子屋「お菓子の日高」を見つけたので、すかさずパーキング!
なんじゃこら大福280円という、苺と栗とクリームが入った大粒の大福を購入。
チーズ饅頭130円と日向夏ゼリー220円も一緒に。


(夜にテント内で撮影)

商品と一緒にサービス券を渡してくれたけど、俺絶対使えないし。
店内で見つけたちびっこに手渡す。
バイクの横の地べたに座って大福をほおばる。
うまい!そしてお腹いっぱい!
うまいうまいと食べてたら、後ろからありがとうの言葉が。
さっきのちびっ子がお母さんと一緒にこっちを見てる。
大福をくわえながら振り返って、いえいえ。
だらしないな俺。。。お菓子屋さんで聞いた地元名物が食べられる店、ファミリーおぐらへ。
名物のチキン南蛮950円を注文する。
携帯で今日の日記を打ちながら料理を待ってると、店員の女の子が俺の携帯を見て、
「きれいな色ですね。見せてもらってもいいですか?」
「え?あぁはい、どうぞ。」
「へぇ~、きれいなブルーですね。新機種ですか?」
「え?いや、そうでもなかったと思いますよ。」
「へぇ~、どうもありがとうございます。」
なんか軽くにやけて帰って行く。
何なんだこのやり取りは!?
逆ナンか?薄汚い旅人をからかってるのか?
俺の体、臭ってるのかな~とか気にしてると料理が来た。



チキン南蛮はタルタルソースがたっぷりのってて大変うまいが、大福の後にこの量はもはや罰ゲーム。
か、、完食。吐きそう。。。予定より少し手前の宮崎白浜オートキャンプ場1,000円で泊まることに。
おじさんが親切にキャンプサイトまで案内してくれる。
白川水源で購入した焼酎250円を馬肉みそせんべいをつまみに飲む。
酔いと疲れで気付けば寝ていた。


Posted in 屋久島ツーリング


(comments are closed).