2007/8/9

11月 3rd, 2008 by admin

朝御飯はフルーツグラノーラ。
ハーレー乗りに別れを告げて出発する。

霧島から鹿児島までの国道10号で、数キロに及ぶ初の渋滞に巻き込まれる。
道中の海岸沿いから見た桜島がとてもきれいだった。


  
フェリーはいびすかす8,000円の受付はとても分かりづらい位置にあり、工事現場の仮設住居みたいなところ。
学割を聞いてみたところ、ここはJR用の学割証を代用してるとのこと。。。
APUめ、JR専用だろうが何だろうが使えたじゃないか。
そういう情報を何故把握してないんだコンチクショー!
この落とし前はどうつけるつもりなんだい?ええっ!?

  
(乗船前の夕刻に撮影、左のコンテナの裏側に受付がある、右は受付)
指宿スカイライン270円は走りやすい有料道路。
途中所々で景色が開けている。開聞岳や池田湖も見える。
池田湖の水は少し濁ってるが、それなりに綺麗そう。

知林ヶ島は干潮時なら歩いて渡れるそうだが、残念ながら道は途中で途絶えていた。
見る限り渡っても何もなさそう。景色は綺麗。




(田良岬から南を眺望、合成写真)
日本最南端の駅に寄ってから長崎鼻へ。
長崎鼻からはうっすらと屋久島が見える。
あれが俺の目的の地か。
どんな出会いが、どんな出来事が、どんな感動が待っているのだろうか。
開聞岳も綺麗に見える。
途中の土産屋で紫いもソフト300円を買うと、カップアイスを機械にはめたらウニョ~って出てくるタイプだった。。
まぁうまかったがショック。


(JR日本最南端の駅、遠くに見えるのは開聞岳)
    
(右は開聞岳)
開聞岳一周道路の入口は分かりにくい。
ゴルフ場入口のすぐ脇にある。
入ってすぐに廃道とも思える薄暗いトンネルが。
まさにバイオハザード。
こんな走りにくくて怪しい道が続いたら最悪やと思ってたら、そういう道は入口から数キロだけで、以降は走りやすい二車線。
海が開け、種子島と屋久島がうっすらと見える。


知覧特攻平和会館500円はとても良い。
国分キャンプ海水浴場で出会ったお兄さんのお勧め場所。
一時間半ではとても見切れない。
ホールではおじいさんが流暢な話しっぷりで30分程度解説してくれる。
国や愛する者のために覚悟を決めた人達。
そういった人達の志と犠牲の上に今の日本が、今の平和があることを忘れてはならないと思った。
戦争は遠い過去ではなく、近い未来ともなり得るから。
覚悟と言えば、理解できない点はあるが、自爆テロもこれに近い思いがあるのかもしれないな。

  
昼飯を食べる時間がなくなったので、フェリー乗り場近くで晩飯も含めて弁当やおにぎりを買う。
ファミマの炭火焼き鶏肉がうまかった。

待合室でM2のバイク乗りと知り合い、船内で談話。
彼はバイクにビデオカメラを取り付け、ツーリング動画を作成しているらしい。
ノートパソコンも持参しており、これまでに作成した動画とかを見せてもらった。
なかなか凝った作品である。
船からの景色は最高。夕日、星が綺麗。
明日の朝には屋久島だ。楽しみ。


  
(左は鹿児島湾内から北を眺望、右は南西を眺望、右は合成写真)

Posted in 屋久島ツーリング


(comments are closed).