2003/8/15

12月 18th, 2007 by admin

この日は、まず、函館にある五稜郭に向かった。

地上からでは有名な星形の堀を確認することができなかったため、悩んだ末、展望台に上ることにした。
その名は「五稜郭タワー」。有料 630円!しかも待ち時間30分弱!!
やっとこさエレベーターに乗れると、エレベーターガールが丁寧に五稜郭のお話をしてくれた。
さぞかし展望台からの景色は素晴らしいのだろう。
そんな期待を胸に展望台に到着したとき、俺はがく然とした・・・。
星形が見えねーじゃん!!
これがその時の写真。

まぁ全体の3分の1くらいは見えてるんだろうけど。展望台が低すぎるんだよな~。
特に感動もしないので、はっきり言ってタワーには上るだけ時間と金の無駄です。次に森駅を目指した。
道中、函館新道の側道を通ったが、ここからは函館山や函館市郊外を見渡すことができ、とてもきれいだった。


(左端の地平線上にうっすら見えるのが函館山)
森駅では、有名な駅弁「いかめし」を食した。
いかの味付けがなかなか良く、結構おいしかった。
少し量が少なかったが、470円でこれなら満足だ。
次に洞爺湖を目指した。
途中、国道5号線から国道37号線に入ったところから10kmほど、信号のない直線が続いた。
標準速度80km/h。初めて北海道らしい道を走った瞬間だった。洞爺湖がもう目前というとき、偶然レイクヒルファームというところを見つけた。
国道230号線沿いのサイロ展望台の近くである。
アイスクリームを販売している店があり、小さな行列ができていた。
おいしそうだったので、並んで買うことに。
2つの味が選ぶことができ、俺はラムレーズンとWクリームを選んだ。
食べやすいやわらかさで、味もひつこくなく、ボリュームもある。
非常においしい!
これで300円なら満足だ。洞爺湖に行くなら、ついでに是非!
アイスクリームを食べていると、近くにいたおじさんに話しかけられ、しばし談話。

洞爺湖は近くのサイロ展望台から見渡すことができた。
結構きれいで、遠目に昭和新山を覗くことも。

ヘリコプターで洞爺湖周りを巡回してくれるサービスもあったが、料金が高かったので乗らなかった。
確か一人5000円だったかな・・・。最後に札幌を目指して走り出した。
空が曇っていたためか、山間部の走行は非常に寒く、体がものすごく冷えた。
道中、中山峠で休憩し、名物のあげいもを食べた。
ほくほくの芋が冷えた体を暖めてくれ、とても癒された。
3個も芋が入っていて、ボリュームは○。味も○。
これで280円は、吉野家よりお得かもね??

札幌に着いた頃には日が暮れており、取りあえず時計台だけでも見とくか、ってことになった。
ライトアップされた時計台は美しかった。が、まぁそれだけ。

その後、エンジンオイルの交換時期がきていたので、札幌市内のエネオスで車用のオイルと交換することに。
北海道は非常にバイク屋が少ないのだ・・・。車用ということでやや心配しながら、この日の宿泊地として選んだ石狩浜海水浴場のキャンプ場を目指して走った。走った。
そして着いた。
何か有料っぽい空気をかもし出してはいたが、受付の人とかが全くいなかったので、恐る恐る侵入し、勝手にテントを張って寝た。
北海道初日の旅が終わる。

Posted in 北海道ツーリング having Comments Off

2003/8/14

12月 14th, 2007 by admin

今までの遅れを取り戻すべく、この日は気合いで走り続けた。

秋田県を走行中、ひまわりがいっぱい咲いていてきれいなところを見つけた。
ちょうど隣に道の駅があったので、そこで少し休憩。
「はまなすの里」というところで、本当にたくさんのひまわりが咲いていた。

17:00に青森港に着き、20:00発の函館行きのフェリーをゲットした。
バイクでフェリーに乗るのは初めてで、ちょっとドキドキ。
フェリー内の車庫にバイクを固定したら、すぐさま艦板へ。
そこから見える青森の夜景は格別だった。
24:00、とうとう北海道に上陸した俺達は、すぐに函館山に向かった。
もちろん有名な函館の夜景を見るためであったが・・・時間が遅すぎたため、函館山へのロープウェイは終了しており、また、函館山に通じる道路も二輪通行禁止の悲劇。
仕方なく函館山のふもとで夜景を見納めた後、近くの公園で就寝。

Posted in 北海道ツーリング having Comments Off

クッキーで配列は使用するな

12月 13th, 2007 by admin

PHPではクッキーに配列データを保存することができる.
例えば,

setcookie(”data[0]”, “国語”, expire);
setcookie(”data[1]”, “数学”, expire);
setcookie(”data[2]”, “英語”, expire);

とクッキーに保存した配列データは

$data = $_COOKIE[”data”];
print $data[0];
print $data[1];
print $data[2];

だけで利用することができる.
便利だ.すごく便利だ.これを見るだけでは...

では問題1

クッキーから配列データを削除するにはどうすればいいのか?
クッキーからデータを削除するには通常以下のように記述する.

setcookie(”data”, “”, time()-3600);

では配列データの場合はどうなのか?
配列名だけを指定した上記と同じ記述で構わないのか?・・・否.
配列データの削除には,以下のように記述する必要がある.

setcookie(”data[0]”, “”, time()-3600);
setcookie(”data[1]”, “”, time()-3600);
setcookie(”data[2]”, “”, time()-3600);

これの何が不便なのかというと,配列の要素数が不確定の場合に大変困る.
dataという配列がクッキーにいくつ登録されているのかがわからないと,
すべてを削除することができない.
仮に2つだけ登録されてると勘違いし,以下の記述で削除を実行する.

setcookie(”data[0]”, “”, time()-3600);
setcookie(”data[1]”, “”, time()-3600);

これではdata[2]のデータがクッキーから削除されずに残ってしまう.
クッキーに不要なデータが残っても構わないという場合はそれでも良い.
しかし,次のような場合は非常に困る.

では問題2

次のような記述をした場合,実際にはどのデータがクッキーに保存されるか?

setcookie(”data[0]”, “国語”, expire);
setcookie(”data[1]”, “数学”, expire);
setcookie(”data[2]”, “英語”, expire);
setcookie(”data”, “教科”, expire);

配列データdata[0]~data[2]が優先されるのだろうか?
普通の変数であるdataが優先されるのだろうか?
答えは両方保存される.
クッキー内に,dataという普通の変数データと,data[0]~data[2]という配列データの両方が.
では,以下の記述でクッキーに保存したデータを利用した場合,どのデータが得られるのか?

$data = $_COOKIE[”data”];

どうやらPHP5.2では配列データが優先されるらしい.
つまり,$dataにはクッキーに保存されたdata[0]~data[2]のみが格納され,
data(”教科”)のデータを取得することができなくなる.

問題1と2を合わせて考える

クッキーに配列データを保存するシステムを構築した.
システム変更が生じ,クッキーへの保存形式を配列から普通の変数に変更した.
この変更の際に,クッキー内の配列データをすべて削除することに失敗した.
つまり,クッキーに配列データを残したまま普通の変数データを保存した.
新システムで,クッキーの値を使用したプログラムが何故か上手く動かない.
それもそのはず,$_COOKIE[]で取得できるデータは残骸の配列データなのだから...

回避方法として新システムでのクッキー保存変数名を変更することが考えられるが,
このような事態に陥らないよう初めから配列形式を使用しないことを勧める.

Posted in PHP having Comments Off

おみくじCGIカスタマイズ版公開

12月 10th, 2007 by admin

先日言ってた ユーザによる色変更 に対応しました!
作成に当たり,カラーパレットまで自作しましたよ~.
まぁお陰様でJavaScriptについての理解が深まりましたが.

なお,カラーコードを直接入力する際には,
必ず半角文字の 0~f で入力することに注意してくださいね.
この辺りの判定処理は簡略化していますので...

てかアレですね,WordPressの自動補正機能はまじうざいですね.
コードを直接入力して投稿してるのに,なぜ勝手にコードを書き換えるのか・・・理解できない.
こいつのせいでCGIのカスタマイズ画面を作成するのに手間取りました.
WordPressはそんなに素人向けのプログラムなのか?
それともXHTMLに準拠してないとそんなにまずいのか?
せめてコードを直接入力する場合にはこの機能をオフにしてほしい.
じゃないとまじ使えないから...

Posted in PHP having Comments Off

2003/8/13

12月 7th, 2007 by admin

この日は初めての晴れで、とても気持ち良く走れた。
道路もすいていて、流れは順調だった。
道中、温泉にも入って気分爽快。

山形県を抜けることはできず、秋田県の一歩手前で寝床を探すことに。
海沿いに大きな公園を見つけ、ここにテントを張ろうと思ったが・・・公園の駐車場のアスファルトにはタイヤの跡がいっぱい。
東北にも族は健在か!?などと思いながら、ひとまず退散。新たな寝床を探すことに。
そこから少し走ったところに、十里塚海水浴場を発見。
浜辺でキャンプすることにした。

Posted in 北海道ツーリング having Comments Off

2003/8/12

12月 6th, 2007 by admin

前日の疲れより、10時過ぎまで熟睡。
昼から走り出すことに・・・。
今日も雨にみまわれ、テンションはがた落ち。

全然走ることなく日が暮れ、寝床を探すことに。
しかし、この日もキャンプ場がなかなか見つからない。
途中見かけた空き地にテントを張ろうかと思ったが、私有地だったため断念。
諦めかけた頃、偶然海岸沿いにキャンプ場を発見した。


(次の日の朝に撮影)
酔っぱらったおじちゃんが経営するそのキャンプ場のサイトには、雨で滑りやすくなった芝生の坂道をバイクで上らなくては行けなかった。
俺達は後輪を滑らしながら必死でその坂道を上った。・・・と言ってもほんの10mほど。
先にキャンピングしていたおじさん達からもらった缶ビールの空き缶をバイクのスタンドのあて板にし、就寝。

Posted in 北海道ツーリング having Comments Off

おみくじCGIの色変更

12月 5th, 2007 by admin

これをユーザが自由にできるようにしたい.
実現方法はわかっている.
コードも書ける.
でもカラーパレットがない.
カラーを16進数でユーザに書かせてもいいけど,やっぱり色を見て選択できる画面を設けたい.
それがユーザビリティ.

Webから無料ソースを探し出すか?
それとも1から自分で作り出すか?

Posted in PHP having Comments Off

2003/8/10,11

12月 2nd, 2007 by admin

俺は最低限の荷物をタンクバックとドラムバックに詰め込み、ロープでバイクに縛り付けた。
めざせ北海道!
心の中でそう叫んだ俺は、10日20:00に自宅を出発。集合場所である滋賀県草津市のメンバー宅へ向かう。

メンバーと落ち合い、簡単なミーティングをしたあと、10日22:00、俺達は北海道めざして走り出した。
交通量の少ない深夜に走り、初日に距離を稼ぐ作戦だ。しかし、これが後に裏目に出ることになる・・・。

滋賀県を抜け、福井県に入った頃には日付が変っていた。
福井県の夜は闇につつまれており、コンビニを探すだけで何十分も走らなければならないという有様。
石川県も特に何もなく、寂れた感じだった。

明け方、富山県にさしかかった頃、俺達の体力は限界に達していた。
半分意識が飛んだ状態で走行している非常に危険な状態。
しかし、初日に距離を稼ぐという目標に駆られ、俺達は走り続けた。
この状態を乗り切れば、また目が覚めるだろうことを信じて・・・。
が、現実はそう甘くなかった。
後ろで聞こえるクラッシュ音。
最後尾を走っていたM氏が、N氏の減速に気づかず突っ込んでしまったのだ。
一瞬で目が覚めた俺は、急いでM氏に駆け寄った。
幸いにも、転倒したバイクから彼は立ち上がった。
見たところ、大きな外傷は肩の擦り傷だけで、他の部分は大丈夫そうだった。
バイクの方もブレーキペダルが曲がっただけで、なんとか乗れる状態。
あたり方が良かったのか、N氏は転けずに済み、何ともなかった。
取りあえず近くの病院で診察してもらうことにした。
診察結果、骨には異常なし。
何とか初日リタイアは免れることができたようだ。
病院のベンチで仮眠した後、俺達はふたたび走り出した。

15:00、富山県の海王丸パークに到着。
海王丸を写真に納める。と同時に激しい大雨が…。
おかげで荷物はびしょびしょに。


今晩の寝床を探すため、近くのコンビニで観光雑誌を立ち読みする。
付近のキャンプ場に電話をかけまくるが、どこも満杯。
諦めかけたそのとき、少し離れたところにある浜黒崎キャンプ場でとうとう予約を取ることに成功。
電話で行き方を教えてもらい、18:00に現地到着。
長かった一日が終わる。

Posted in 北海道ツーリング having Comments Off

大吉!!

12月 2nd, 2007 by admin

サイドバーのおみくじで大吉が出た!

まぁ自分で作ったわけですが・・・それでも嬉しいもんですな(笑)

Posted in 未分類 having Comments Off

トラックバック野郎

12月 1st, 2007 by admin

トラックバックの実験をしてみる.

どうなる,トラックバック野郎

Posted in WordPress having Comments Off